塗り替えのポイント

☆こんな症状が見られたら塗り替え時です!

チョーキング
外壁を指で触って、白い粉が付着する現象を、チョーキング現象と言います。紫外線、風雨等により、塗装表面の樹脂が劣化し、粉状になる現象です。
チョーキング写真
カビ・藻
外壁にカビ・藻などが発生してきたら、塗り替えの目安です。塗膜の防カビ効果が弱まり、雨水やホコリの成分を栄養源に繁殖していきます。
チョーキング写真
クラック
モルタル壁は経年によりひび割れが発生する場合があります。放っておくと雨漏れの原因となる場合があるので適切な処置が必要です。
チョーキング写真
目地シーリング切れ
外壁サイディングの場合、目地にヒビが入っていたり、切れてしまっていたら打ち替えの目安です。放っておくとサイディングの裏に雨水が侵入し、サイディングが反ったり縮んだりする場合があります。
チョーキング写真
屋根
屋根がうっすらと黄色く見えたら、苔が繁殖しています。放っておくと、屋根羽の反り、割れに発展し、雨漏れの原因になる場合があります。
チョーキング写真
木部
木部は水を吸いやすい為、放っておくと腐ってしまい、交換しなければならない場合もあります。
チョーキング写真
鉄部
鉄部はサビが発生してきたら早めにお手入れしましょう。放っておくと腐食して穴が空いてしまいます。
チョーキング写真
その他の部位
雨樋なども表面が劣化すると割れやすくなります。
チョーキング写真
問い合わせ